対応対処

  1. 腰痛はお風呂で温めて良いの?急性腰痛には温熱療法が有効であると腰痛診療ガイドラインでは言われています。
  2. ぎっくり腰で最初は冷やして、その後温めるのは?2018年現在では、温めることも、冷やすことも、鎮痛そのものが目的となります。
  3. ぎっくり腰、二日目で歩けるのは回復が早い方か?十分には回復していない。筋肉にエネルギーが戻ると痛みが軽減することもあるだけ。
  4. ぎっくり腰で薬を飲んで一時間経っても効かないから、また飲むのは?止めましょう。量を増やすと副作用の危険性があるから。
  5. 腰の右側が痛くてたまらない。経験者教えてくださいネットやメールなどでの相談では、5W1Hに沿って自分の置かれた状況を説明しないと、協力者を得ることがむずかしい。
  6. 医者に行かずにぎっくり腰を治すには?なぜ行かないのか?その理由にもよります。
  7. 痛み止めを飲めばバレーはいい?ぎっくり腰では動いて痛み方が悪化するならば安静にしておくべきです。どうしてもやるなら悪化を承知しておくべきです。
  8. ぎっくり腰ではわざわざ整形外科に行くべき?自分で行くことがムダだと思うのでしたら止めましょう。
  9. 湿布を貼ったら余計に痛くなった湿布そのものには有害性はない。しかし、相性があって、主観によって不愉快を抱くと痛みが悪化したように思えてしまう。
  10. リュックとショルダー体に負担が大きいのは?どちらも大して変わらない。
  11. 腰痛治療のお薬第一選択薬、第二選択薬など腰痛の痛みを鎮める効果は大きい。だが、長期的な成績はない。
  12. 股引の効果意外に馬鹿になりませんよ。肌着はちょっとしたことですけど体の痛みには大きな変化があると思います。

総合案内

「全ページ」を11個のカテゴリーに分類します。

基本基礎知識編、★痛み科学

原因別ヘルニアや坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症など個別の原因をまとめています。

部位別お尻や背中、足など部位ごとにまとめています。

症状別慢性腰痛や腰痛の再発、神経の症状など、症状全般をまとめます。

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処腰痛になったときにどういったことをするかをまとめています。

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム