ぎっくり腰専門ユークル整体院

腰痛の検査の流れ

結論:問診によって危険な腰痛を除外する。

※スポンサーCM

既存の腰痛
検査の流れ

「検査の流れ」と
耳にすると、
きっと病院での流れを
想像されることです。

病院だと、以下のような
感じですよね。

多くの病院の
流れ

クリックで展開

どうでしょうか?
大よそ上記の流れに
なっているはず。

「あれ!
触診は?

ありま
せんよ。

そうですよ。

多くの場合は、
お医者さんは、
痛めた部分に触れる
ことすらありません


「ベッドに
寝てください」

と指示して、
服をめくって腰を
観察するぐらいは
あるかもしれません。

でも、決して
触れない。


触れない理由は、
患者さんが万が一

「クレーマー」

だったりすると

迷惑
だから。

世の中には、
なんでも
「裁判沙汰」
にするヒト
もいます。

今現在の病院は
患者が
溢れかえっています。

一人ひとりに、
どうしても時間を
避けません。

だから、患者さんの
体には極力
触れません。

要するには、

「お前が触れたら
痛くなったぞ!」

と誤解をする
人もいます。

※スポンサーCM

そうなると、説明に膨大な
手間を割かれます。

だから触らないんです。

触らずに画像だけを見て、
お薬を処方する。

治らなければお薬を
数回チェンジする。

そして、大学病院にまわす。

それで食べて
ゆけるのですから、
どれほど淘汰されない
環境なのか?

そう思えてしまいます。

※スポンサーCM

ガイドラインで
求められていることと
大きく異なる。

どうでしょうか?多くの
病院で行われている
上記のような流れが想像できる
ことです。

でも、2012年に出版された、
腰痛診療ガイド
ライン2012

では、異なります。

今回はガイドラインの
P26の(図1)の
フローチャートに基づいて
解説していきます。

実はガイドラインで
求められていることは、

出版から数年経った
現在でも普及されて
いません。


お医者さんも
知らないのです。


仮に、知ってはいても、
日本には

「健康保険」

という悪しき
医療制度があります。

タダ同然で、
治療が受けられる。


わざわざ、手間を掛けて
患者さんが治療費を
実費負担できない。

『無料で治して
くれるのが

病院なのだ』

と勘違いしています。

だからガイドラインで
推奨している診察手順が
世に普及されないのです。

『注意深い問診』と
『身体検査』を行うこと

では、ガイドラインでは、
どういったことに
ふれているのか?

それが、『注意深い問診』と
『身体検査』によって、
診察を進めることです。

腰痛には万が一の
確率で命に関わる
危険な病気の
ことがあります。


Warning: include(rakutenn3.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/arcusseitai/arcusseitai.com/public_html/sinnsatu1.html on line 236

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'rakutenn3.html' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.3.3/data/pear:/opt/php-5.3.3/data/php') in /home/arcusseitai/arcusseitai.com/public_html/sinnsatu1.html on line 236

そういったものは、
画像検査をしても
発見できません。

発見するためには
注意深い『問診』が必要です。

そして、腰の痛いところに
触れたり、腰の動きを
確かめたり、身体検査を
しないとなりません。

この二つをもって、
腰痛の原因を推測
していくわけです。

病院のように全ての
患者さんにレントゲンを
撮影することは、
ガイドラインでは
否定しています。

なぜ『問診』が
必要なのか?

※スポンサーCM

では、どうして問診が
必要なのでしょうか?

画像検査で、
パパッと体の内部を撮影して、
悪いところを判断した方が
早いと思えてしまうことです。

確かにレントゲンを
用いれば、沢山の人数を
撮影して、『流れ』作業で
診察することができます。

でもレントゲンやMRI画像に、
『痛み』は写りません。

痛みは、動かしたり、
触ったりしないと
確かめられない
のです。

また、仮に画像に
悪いところがあっても、
患者さんからお話を
お聞きしないと、
その異常画像が、
本当に腰痛の原因かを
確かめることが
できません。

十分なお話を
聞かなければ
原因を『絞り込めない』
のです。

問診が必要な理由は、
患者さんの原因を判断する
ため。

そして治療法を選択する
上で必要です。

例えば、ヤフー知恵袋を
拝見すると?

「腰痛に困っています。
経験者の方、どうやって
治したのか教えてください。

たった、この一文だけ
情報提供で、答えを
求める方は大勢おられます。

仮に治療法があっても、
その方法がその方に
有効なのかを判断
できません。

「判断材料」

がありませんよね。

仮に「運動」を
することが治療法
だったとしましょう。

「マラソンをするといい」

ビジネスマンの方に、
このような
アドバイスをしても

仕事が忙しくて
できませんよ。


また、若い女性であれば
夜道にランニングをしたら
暴漢に襲われて、危険です。

心臓病をお持ちの
高齢者もおられることです。

妊婦だっています。

だから、その方の
おかれた状況を詳しく
知る必要がある
んですね。

その方が実行可能な
アドバイスをしなければ
なりません。

判断材料がなければ、
的確なアドバイスが
できませんよ。

また情報では、

「だれが」

「いつ」

「どこで」

「何をして」

「なぜ」

「どのようになって」

ということを詳しく
お聞きします。

例えば「誰が」では、
患者さんの職業や、
年齢、性別、体重、身長、
持病の有無、手術歴など

様々な判断材料があるから、
総合的に

「たぶんこれが原因だろう」

という推測が付きます。

また、患者さんがその
原因に至った背景を
推測することができます。

さらには、
腰痛がどういったときに痛く
なるのか?

どんな動作をしているときに
痛くなるのか?

日常ではどれぐらい
障害が出ているのか?

腰痛によってあきらめざるを
得ないものとは何なのか?

こういったことも知る
必要があります。

ちょっとした
「事情徴収」
をするわけです。

こういったものに付け加えて、
身体検査を実施します。

触診、

手足を動かす
理学検査、

実際に痛みの
出る動き、

体位による
痛みの変化を
観察します。

きちんと行えば
検査だけで
数十分は掛かる。

もし仮に、患者さんに対して
しっかりとした問診や身体検査を
実施したのでしたら、

それだけでも数十分は時間を
費やすことになります。


30分ぐらい、問診をすることも
あるでしょう。

第一、患者さんは医学知識が
一切、ありません


腰の状態を説明しながら、
検査をすると、相当な時間が
必要になります。

でも、腰痛診療
ガイドラインでは、

「何か特別な
ことをしろ」

と医者に言っている
わけではありません。

当たり前の、
問診や身体検査を

「もっと十分に
行ってくださいね。」


必要性を、
ガイドラインでは
ふれているわけです。

流れ作業で画像検査を
すると、患者さんにとっても、
何度も通院が
必要になります。

そして、お医者さんや病院の
負担にもなります。

医療費を負担する、
国民の負担でもあります。

中には、雑な
検査によって患者さんが
命を落とすことも
あります。

重大な病気を
見落としてしまう
からです。

だから、無駄な
検査はやめて、

「しっかり問診を
してください。」


「もっと患者さんの
体を診てください

そうすれば、今の
医療のムダがなくなる
はずですよ。

こういったことが
言いたいのでしょう。

危険信号を判定する。

問診の最大の目的は、
患者さんを治療すること
ではありません。


「えっ!」

「どうされました?」

「じゃあ、何のために
受けるの?」

治すことよりも
もっと大切なことが
あります。


それは、稀にですが、
腰痛の中には
命に関わる危
険な病気が
含まれていることです。

それを見つけ出すことが
最大の目的です。

つまり、患者さんを
絶対に死なせないこと。

ガイドラインでは、
このことを強く
主張しています。

ガイドラインがこのように
言う背景には、

病院の検査で
命に関わる病気が
見落とされる
事実があるからです。



なぜなら、病院では、


ほとんど問診をしない。



仮にあっても一言、二言
といったぐらいでしょう。


そして患者さんの体には
一切触れない。


要するに病院の検査は
「ザル」

なんですね。

たくさんの腰痛患者さんが
病院で、命に関わる
病気を見落とされてしまう。

私達は、
高い保険料を
納めている。


たくさんの税金
を払っている。


治療費だって
払っている。


にも関わらず、
いざ大事にいたれば、

見落と
される。


そして、ポックリと
あの世に旅立つ
わけです。

こういったことが
絶対にあって
はならない!!


だからこそ、
ガイドラインでは、
その必要性を
説いている。

きちんとガイドラインを
運用してくれる人を
求めている。

ガイドラインを理解せず、
流れ作業で検査
をすることは


患者さんを
殺すことにも
つながってしまう。


それだけは、
絶対に止めよう!


そうなることは
絶対に防ごう!



人は生きていれば、
必ずいつか死にます。


死ぬことは
避けられない。


でも、少なくとも

医療が原因で、

患者さんが
命を落とすことは
防がないといけない。


だからこそ、
ガイドラインでは、

「注意深い問診」

そして、

「身体検査」

の重要性を
説いている。

にも関わらず、
法律の施行の遅れを、
いいことに、どんな
病院でも

それを運用
しない。


日本の法律は
施行までに

「10年」

かかります。

つまり2012年に
出版されたガイドラインが
法的に運用されるのは、

2022年ぐらいからに
なるはずです。

法律が改定されなければ、
病院は

「知らぬ存ぜぬ」

で済んでしまうわけです。

法律で制定
されなければ、

「私達には
責任はない!」

きっと病院は
そう言いたい
のでしょうね。

「法律待ち」の医療、
なんだか

やるせないですね。


正しくガイドラインを理解し、
運用しているのは、
ひょっとすると一部の
「民間治療家」だけなの
かもしれません。

ガイドラインでは、

正しく理解してくれる
人を求めている。



そして、患者さん
にとって

分かりやすく説明
してくれる人を
求めている。


「分かりやすい」とは、
より深い理解
をもっている
証明
でもある。

ガイドラインは、
きっとこう言いたい
のでしょう。

ガイドラインの訴えたい
言葉を

たった一言で
代弁しましょう。

ガイドラインを
最もわかりやすく
説明している
先生を
受診しなさい。


こういうことですね。

具体的な「危険信号」の判別
については別ページで
すでに紹介しております。

ここでは割愛します。

危険信号があれば、
画像検査や、血液検査
実施する。

参考ページの「危険信号」
はすでにご覧に
なられたものとして
説明をしていきます。

危険信号が仮にあるならば、
どうするか?

病院でしたら、
このときに初めて
画像検査を実施します。


そして、必要に応じて
血液検査を実施
することもあります。

内臓の病気や、
ガン、
感染症の一部は、
血液検査によって
判定できるものも
あるからです。

また、危険信号が
ないものを画像検査
する必要はないと、
ガイドラインでは記して
います。

画像検査は、一般的に
「整形外科医院」
という個人院では、
「レントゲン」を撮影します。

大きな病院の整形外科では、
レントゲン以外に
「MRI」という装置や、

「CT」という装置を使う
こともあります。

レントゲンでは、
主に「骨」を撮影します。

そして、骨にヒビが入って
いないかを観察したり、

骨が「黒く」かすんでいないかを
観察します。

ガンが生じたり、
骨粗しょう症という病気に
なると骨が黒く描写される
ことがあります。
こともあります。

CTはレントゲンで撮影
したものを輪切り写真にして
つなぎ合わせて立体映像に
します。

MRIは、おもに水分を
沢山含んだ柔らかい組織を
撮影します。

関節のやわらかい「軟骨」や、

腫れて水分によってむくんだ
「炎症箇所」

脂肪組織、

など、レントゲンには
写らないものを撮影することが
できます。

ただし、MRIも初期の危険信号
のない段階で撮影しても
多くの場合、ムダになります。

こういった画像検査によって、
仮に「腰椎椎間板ヘルニア」
だとか、原因が特定されれば
手術に至ります。

もしくは、投薬だったり、
必要に応じた治療を行います。

でも、多くの場合は画像検査や、
血液検査では異常を示しません。

この場合は、
「再評価項目」を実施します。

再評価項目とは?
クリックで展開

危険信号がなければ
神経症状の有無を診る。

危険信号が「ない」場合はどうするのか?

病院では、このときに
神経症状の有無を判定する
べきだとされています。

ガイドラインで紹介している神経
症状については別ページで
すでに紹介しましたので、
詳細は割愛します。

以下は神経症状の参考
ページをご覧いただいた
前提で解説します。

仮に神経症状があれば、
先ほどご紹介した、
「再評価項目」
を実施します。

神経症状がなければ、
非特異的腰痛症として、
各自の治療院の保存治療
に任せる。

仮に神経症状が
なかったとします。
このときには、

これ以上の原因追究は
ガイドラインでは
求めていません。


危険信号がなくて、
神経症状もない。

それならば、
原因不明の腰痛、
つまり
「非特異的腰痛症」
として、
「各自の治療院の
判断で保存治療を実施
しましょう。」

保存治療とは、
手術以外の治療です。

病院でしたらお薬を
投薬する。

コルセットで腰を
固定する。

患者さんでしたら、
仕事を休んでみる。

鍼灸院は鍼治療をする。

民間治療家も、
各自の療法を
実施します。




「あれ!?」


「どうされ
ました?」


「原因は
特定しないの?


「特定
しませんよ」


ガイドラインには、

「非特異的腰痛症」

として対処するように
明記されているの
ですから。

腰はジャングルだから、
見つけようがない。

では、どうして
原因を特定しないのでしょうか?

これは腰の構造的な問題
あげられます。

腰は、沢山の組織が
密集しています。

いわば「ジャングル」
です。



例えば、ジャングルの
一つひとつの、草木を
数えることはできません。

腰の組織もいろんなものが
密集しています。

密集した組織のどれが
損傷しているのかを
正確に把握することは不可能
だからです。


また、正確に把握するのに
時間を掛けても、メリットが
ありません。

それよりも、ジャングルの中に
何かの原因があることだけ
分かればいい。

あとは、そのジャングルの内部の
原因を無理に刺激しないこと。

各自の治療院の療法で、
症状を抑えること。

こうして治癒まで過ごします。

保存療法の期間は
4~6週まで

危険信号も、神経症状もない。

「じゃあ、民間療法で、
腰の痛みを緩和しよう。」

そこまでは良いのです。

ただし、保存療法の期間は、
闇雲にダラダラと実施しても
無意味です。

ひとまずの目安として、
ガイドラインでは4~6週間
までとしております。

もし、保存療法を4~6週間
続けても改善がみられなければ、
改めて、上記の
「再評価項目」を実施します。

万が一の危険信号の
見落としをもう一度確認
するわけです。

改善が得られれば、
患者に対して
生活指導をする。

そして、民間療法などを受診している
中で、腰の痛みが緩和してきたとします。

改善が実感できているなら
治療は成功しているものとします。

この場合は、今後のやるべきこととしては、
如何にして、病院や治療院に通わずに済むかに
着手していきます。

週末にマッサージを受けなくても、
良好な状態を保てるように、

患者さんにトレーニングを指導したり、
体操を指導したり、

「自己管理」によって
腰痛を防止できる
工夫を提案します。

医療機関に依存せずとも、
暮らしてゆけるようにアドバイスを
する。

これによって腰痛の再発しない
暮らしに復帰していくのです。

でも、多くの患者さんは
自己管理できない背景があります。

仕事が忙しい。

家庭が大変だ!

経済的にしんどい!

加齢によって
運動はできない!

皆さんも長年培った、
生活習慣を変えることは
できませんよね。

だからこそ、自己管理ではなく、
治療院と上手く付き合って腰痛を
緩和しつづける。

患者さんも苦労しない。
治療院も仕事にありつける。

お互いに良い関係を築いて
行ければよいのではないでしょうか。

患者さんは、

自分の許容範囲の中で
努力して、

腰痛を少しずつ
改善してみてください。

原因別

  1. 腰痛は生活習慣と関係があるか?
  2. 腰が激痛になったのはぎっくり腰?
  3. 腰痛が一年以上続く理由
  4. ぎっくり腰は筋肉が原因ですか?
  5. 腰痛の種類は何があるの?

部位別

  1. お尻の脇が痛い
  2. ぎっくり腰で膝が悪くなることは?
  3. ぎっくり腰で足が痛くなったのは?
  4. 立ち上がるときお尻が痛い

症状別

  1. 20代で足、30代で下半身、40代で背中まで痛くなった
  2. 腰に違和感があり、ズーンと重いのは?
  3. ぎっくり腰で微熱は出るか?
  4. 腰に力が入らなくなったのは?
  5. ぎっくり腰で翌日に歩けることは?
  6. 10年以上前からの腰の痛みは良い方法はあるか?
  7. ぎっくり腰でお薬を飲んだら、耳鳴りがする
  8. 腰痛で痩せるのはどうなの?
  9. 腰痛の神経症状の診察について

対応対処

  1. 腰痛はお風呂で温めて良いの?
  2. ぎっくり腰で最初は冷やして、その後温めるのは?
  3. ぎっくり腰、二日目で歩けるのは回復が早い方か?
  4. ぎっくり腰で薬を飲んで一時間経っても効かないから、また飲むのは?
  5. 腰の右側が痛くてたまらない。経験者教えてください
  6. 医者に行かずにぎっくり腰を治すには?
  7. 痛み止めを飲めばバレーはいい?
  8. ぎっくり腰ではわざわざ整形外科に行くべき?
  9. 湿布を貼ったら余計に痛くなった
  10. リュックとショルダー体に負担が大きいのは?
  11. 腰痛治療のお薬
  12. 股引の効果
  13. ぎっくり腰はどんな感じで治っていくの?
  14. 腰痛の検査の流れ

運動・ダイエット

  1. エアロバイクを漕いで腰痛になるのは?
  2. 高齢者の腹筋運動
  3. ストレッチの必要性とは?
  4. 腰痛持ちにワンダーコア使っていい?
  5. ランニングマシンで腰痛

仕事関連

  1. ヘルニアでクビになった
  2. 女性が20キロの荷物を持つ仕事は腰にどう?
  3. ぎっくり腰、何日休む?
  4. ぎっくり腰中に採用の連絡があったけどどうしたらいい?
  5. 腰痛と職業との間に関係はあるか?
  6. ぎっくり腰しやすいパートは?

姿勢

  1. ぎっくり腰で背が丸くなってしまった
  2. 腰が曲がるのは遺伝はある?

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開