腰痛相談室

腰に違和感があり、ズーンと重いのは何?

腰に違和感のある女性

結論:ぎっくり腰の前兆ではないでしょうか?

結論から言いますと、
腰の違和感やズーンとした、
不快感の多くは、
何らかのぎっくり腰や、
腰痛の前触れだと思います。

慢性腰痛の患者様では、
例年腰痛を繰り返されています。

そういった方は自分の症状の
経過が良く分かります。

本格的に腰が痛くなる前に
なんとなく違和感を察します。

「またいつものだ!」

と思う。

たぶん風邪を引いたり、
気持ち悪くなるときも、
同じくして、前兆として
体の違和感を感じますよね。

すぐに寝て体を保温すると、
気持ち悪さを悪化させずに
済むこともあるでしょう。

ぎっくり腰では、
前兆として「ズーン」
と重くなることがあるのです。

筋肉のコリが違和感をもたらす。
攣っている状態。

では、ズーンとした状態とは
なんでしょうか?

いくつかのものが該当します。
あくまでも皆さんの主観なので、
「絶対にこれだ」
と断定できるものではありません。

該当するものをリストアップします。

  • 筋肉のコリ、
  • 疲労によって力を失った状態、
  • 筋肉の冷え、

こういったものがあるでしょうね。

筋肉は沢山使うとコリが出来ます。
仕事でクタクタになると、
大抵腰が張ってコリが生じます。

コリは筋肉が攣った状態です。
ケイレンとも言います。

筋肉は「ATP」というエネルギーを
使って活動をします。

細胞が、食べた食事の
栄養からATPを合成します。

このATPを使って
筋肉は活動します。

ATPが不足してくると、
筋肉は私達の命令に従わなく
なっていきます。

ずっと力が入って
力が抜けなくなります。

この状態の筋肉のことを
「コリ」と呼んでいるわけですね。

コリは意図に反して、
常に力が入って
突っ張ります。

すると嫌な違和感を
腰にもたらします。

分厚いカバーが
腰にまとわりつくような、
たまらない窮屈感を
もたらすこともあるでしょう。

それがイヤで治療院に
駆け込まれることもあります。

コリは腰の動きを妨げる。
筋肉の肉離れを起こすこともある。

このズーンとした違和感を感じたときには
信号機で言う

「黄色」だと

思ってください。

可能であれば留まる。
可能であれば仕事を休む。
可能であれば自宅で療養する。
できれば治療を受ける。
治療

その日の仕事を投げ出して
まで帰宅する必要はありません。

ですが、週末の家族行事は、
止めておくことが懸命でしょう。

仮に無理に動き回ると
どうなってしまうのでしょうか?

ズーンとしたときには、
腰の筋肉が痙攣し、
コリを起こしています。

コリでは筋肉が柔らかさを失って
突っ張った状態です。

古くなった「固いゴム」
を想像してください。

古ゴムのように固くなった
筋肉はちょっと無理をして
動いてひっぱられると、
ブツンと肉離れを起こします。

これによって本格的に寝たきりなるのが
ぎっくり腰なのですね。

早期の段階で無理をしなければ、
腰のATPが回復して、
また自由に動けるはずです。

回復した腰

症状別

  1. 20代で足、30代で下半身、40代で背中まで痛くなったデスクワークによる体力低下が進行しているようです。
  2. 腰に違和感があり、ズーンと重いのは?ぎっくり腰になる前兆だと思われます。筋肉のコリではないでしょうか?
  3. ぎっくり腰で微熱は出るか?ぎっくり腰が熱を出すことはないが、体調を崩して熱を出すとぎっくり腰になりやすい。
  4. 腰に力が入らなくなったのは?痛みによって起こる恐怖反応の可能性がある
  5. ぎっくり腰で翌日に歩けることは?良くありますよ。動けないぐらいの方が施術後に歩けるようになったりもします。
  6. 10年以上前からの腰の痛みは良い方法はあるか?自分がどういった治療法を受けたいのかにもよる。
  7. ぎっくり腰でお薬を飲んだら、耳鳴りがするお薬には必ず副作用があります。なので、もっと根本的な対処を心がけてみると良いですよ。
  8. 腰痛で痩せるのはどうなの?ご主人が体重が減少し、慢性腰痛になって心配だという奥様からの相談
  9. 腰痛の神経症状の診察について腰痛診療ガイドラインで紹介している神経症状の診察法について解説していきます。

総合案内

「全ページ」を11個のカテゴリーに分類します。

基本基礎知識編、★痛み科学

原因別ヘルニアや坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症など個別の原因をまとめています。

部位別お尻や背中、足など部位ごとにまとめています。

症状別慢性腰痛や腰痛の再発、神経の症状など、症状全般をまとめます。

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処腰痛になったときにどういったことをするかをまとめています。

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

症状別

20代で足、30代で下半身、40代で背中まで痛くなった

腰に違和感があり、ズーンと重いのは?

ぎっくり腰で微熱は出るか?

腰に力が入らなくなったのは?

ぎっくり腰で翌日に歩けることは?

10年以上前からの腰の痛みは良い方法はあるか?

ぎっくり腰でお薬を飲んだら、耳鳴りがする

腰痛で痩せるのはどうなの?

腰痛の神経症状の診察について

総合案内

「全ページ」を11個のカテゴリーに分類します。

基本基礎知識編、★痛み科学

原因別ヘルニアや坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症など個別の原因をまとめています。

部位別お尻や背中、足など部位ごとにまとめています。

症状別慢性腰痛や腰痛の再発、神経の症状など、症状全般をまとめます。

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処腰痛になったときにどういったことをするかをまとめています。

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム